こめかみ できもの

スポンサードリンク

こめかみのできものを予防する生活習慣とは??

こめかみのできものや吹き出物ができると痛いし、痒いし、しつこいし触ると腫れたり、症状が悪化するのでとてもやっかいです。

 

 

 

こめかみ,できものこめかみ できもの

 

 

 

 

こめかみのできものの原因はにきびと同じ原因の事がおおく、毛穴に皮脂や古い角質が詰まって炎症を起こすといわれています。
似たような症状でこめかみや頭皮に湿疹のようなできものができる脂漏性皮膚炎という湿疹もあります。

 

 

こめかみや顔面のできものは人目に付きやすく、一度できてしまうとしつこいうえに治ったと思っても再発するので非常に厄介です。
顔やこめかみ部分は目に見える部分なので特に女性の方のコンプレックスの原因にもなります。

 

 

 

今回は、

 

「どうしてこめかみにできものが出来るのか?」
「こめかみのできものの予防策」

 

を解説していきます。

 

 

まず、こめかみにできものやにきびができる原因は3つあります。

 

 

@髪の毛による刺激や分泌する皮脂の影響

 

こめかみは前髪や横の髪の毛が常に触れてしまう部分です。毛先についた脂や整髪料のついた髪の毛が刺激となりできものやにきびを作る原因になります。
髪の生え際やこめかみはは汗をかきやすく、湿りやすい部分です。
放置しておくと皮脂が溜まり、できものができやすくなってしまいます。

 

 

Aシャンプーやコンディショナーのすすぎ残し

 

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しは意外と見落としがちです。
こめかみや生え際部分は残りやすく、シャンプーの成分が肌を刺激して
にきびやできものの原因となります。

 

 

Bストレスからくるホルモンバランスの乱れ

 

こめかみや髪の生え際はストレスの影響を受けやすいといわれています。
イライラや不安な気持ち、悩み事、生理前後のホルモンバランスが乱れている時などは
こめかみににきびができる可能性は高くなります。

 

 

 

 

しかし日常生活のちょっとした気遣いでこめかみのできもの・にきびは予防できる!!
のです。

 

 

まずは髪の毛についてです。

 

基本的にこめかみにきびの原因は刺激。
いかにこめかみや髪の生え際に刺激を与えないようにするかがポイントとなります。

 

 

こめかみ部分は髪の毛が常にあたってしまいます。
この髪の毛からの刺激がこめかみのにきび・できものの完治が遅れるのと治っても直ぐに再発してしまう原因です。
髪の毛がこめかみにかからないようにまとめたり、汗をかいたらこまめにふき取るように
心がけてみてください。

 

 

 

次にシャンプー・コンディショナーについてです。

 

自分ではしっかりとすすいだつもりでも、シャンプーの泡がわずかでも残っていると
にきびやできもののが出来てしまいます。

 

市販シャンプーには「アウリル酸」が含まれていて、その酸ができものを刺激しているのです。
お肌の弱い方でしっかりとすすいでもにきびができてしまう原因はシャンプーにあるのかもしれません。
一番のお勧めはノンシリコン系のシャンプー・コンディショナーを使うことです。

 

洗顔する順番もこめかみのできものを予防するのにとても大事です。
洗顔の次にシャンプーするという方は順番を代えてみましょう。
洗顔時もしっかりとすすぎ残しがないように気をつけてください。

 

 

最後にストレスについてです。

 

顔の額やこめかみ、髪の毛の生え際にストレスの影響は多く現れます。
にきびやできものが出来てしまったときはストレスを溜め込んでいるサインです。
自分なりのストレス発散方法を見つけて、ホルモンバランスの乱れを調整してあげましょう。

 

 

 

外部からの刺激を受けやすいこめかみのできもの。
毎日の生活を少し改善するだけで、できものの発生や悪化を抑えられます。
忙しい毎日の中、簡単なことではありませんが少しづつ日常生活に気を使ってみてみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク