脳溢血 前兆

スポンサードリンク

脳卒中と脳溢血の前兆

今回は脳卒中の前兆についてお話したいと思います。

 

その前に脳梗塞と脳溢血と脳卒中の違いって皆さんご存知でしょうか?

 

似た病名になるので先に簡単ですが、それぞれについて見ていきましょう。
脳梗塞・脳血栓・脳溢血、これらは大まかにいうと 脳卒中の一つになります。つまり、脳内疾患(脳血管の急激な循環障害を起こす全ての症状)の総称が脳卒中と呼ばれているのです。

 

さらに
脳内の血管が動脈硬化などで塞がってしまうもの→脳梗塞
脳の動脈に血栓ができ詰まってしまうもの→脳血栓
脳組織内に出血を起こすもの→脳溢血(脳内出血やくも膜下出血など)

 

 

となります。脳卒中の原因は脳梗塞・脳血栓・脳溢血となります。もっと簡潔に言うならば、脳梗塞は脳の血管が詰まって血液がいかなくなり、脳溢血は血管が切れてしまうことです。脳の疾患場所で細かな病名は変わってきますが、大きく分けると脳内出血・脳梗塞の2つに分けられます。

 

 

脳出血と脳溢血の違いは???

 

何れも、脳の血管が破裂して出血することで、同じ意味になります。以前は医学的に「脳溢血」と表記されていましたが、現在は「脳出血」という言葉で使用されることもあります。

 

 

脳溢血の前兆について

 

脳溢血は高齢者に発症率が高い病気です。さらにこの病気の恐ろしいところですが、他の脳の病気とは違い、ほとんど前兆がないと言われています。ですが脳溢血の前兆と呼ぶべき病気を発祥することがあります。

 

この病気は「一過性脳虚血発作」と呼ばれるもので、英語表記の頭文字から「TIA]とも呼ばれます。
脳溢血の前兆として起こると言われる「「一過性脳虚血発作」です。そしてこの病気は脳内に血栓ができ詰まってしまうことで、軽度な障害を引き起こすと言われています。

 

一過性脳虚血発作にみられる症状について

 

・失語症・・・急に言葉がでてこなくなる
・構音障害)・・・呂律が急に回らなくなる
・片側顔面まひ・・・顔が歪む
・片まひ・・・手足の片側に力が入らなくなる
・一過性黒内障・・・・片目が見えなくなる(視野狭窄)

 

 

日常の動作そのものに障害が現れます。歩くこと・立つことが困難になり、頭痛があったり、立ちくらみ・目が見えなくなるといった症状が見られます。

 

TIA(一過性脳虚血発作)ですが一過性と名前が付いている通り、数分から数十分程度の発作です。
まだこの段階では命にかかわるような「意識不明」・「「昏睡」といった症状はありません。発作が収まれば日常の生活に戻ることができます。ですが、発作時間が長くなると脳溢血を引き起こし、命に関わることになるので非常に注意が必要と言えるでしょう。

 

また発作後48時間以内は特に危険な状態とされます。
さらにですが、48時間以内に5%の確率で脳梗塞を引き起こすとされ、三割ほどの人がいずれ脳梗塞を発症すると言われています。

スポンサードリンク