気管支喘息 症状

スポンサードリンク

気管支喘息の症状について|発作の原因は精神的なものまで様々

気管支喘息 症状

 

 

最近では大人も子どもも増加傾向にあるという気管支喘息。
原因の1つにはアレルギーが関係しているとも言われています。
今回は気管支喘息やその症状についてです。
先ずその前に気管支喘息と喘息について勉強してみましょう。

 

気管支喘息と喘息の違いは表記の違いで同じもの?

「喘息(ぜんそく、asthma)は、気管支喘息(bronchial asthma)とも呼ばれ、東洋医学では哮喘と称される。
双方は同時に見られることが多い為、はっきりと区別することは難しい。」
ということで、表記にも「気管支喘息(以下,喘息)」とあります。

 

Q1、『気管支喘息』ってどんな病気?

気管支ですが、どんな役割をしている気管かというと「呼吸をする際に空気の通り道になる」器官です。
気管支喘息の方は、気管支に慢性的な炎症が起きているため、外部からの刺激に対してとても敏感になっています。
そして何らかの際に気管を刺激するものを吸い込むと、刺激に対抗するため様々な反応が起こります。
その反応として「気管支の粘膜が腫れる」・「大量の痰がたまる」等し、気管支の内側が狭まりよって呼吸が困難な状態に陥ります。
これが喘息発作といわれるものです。
喘息の患者の多くはアレルギー体質であり、その人により発作の原因となるもの=アレルゲンがあります(異なります)。

 

Q2、気管支喘息の発作を誘発するものって?

外的なものから精神的なものまで様々です。
具体的には以下のようなものが上げられます。

 

  • 気候(気圧、湿度、温度)の変化
  • かぜなどの感染症  
  • ストレス
  • 喫煙、受動喫煙  
  • 香水などの強い香り
  • 運動  
  • アスピリンなどの薬物
  • 過労

 

とくに梅雨どきや、台風の発生する秋口は、具合の悪さを感じる患者さんが多く、喘息の好発時期といわれています。

 

Q3、気管支喘息の症状は?

息を吸うよりも吐く方が困難になり、発作がひどくなると苦しくて仰向けに寝ていられず、すわって呼吸をする(起座呼吸:きざこきゅう)ようになります。
小児の場合、「アレルギーマーチ」といって、多くが年齢とともに「アトピー」 → 「気管支喘息」 → 「アレルギー性鼻炎」の順に発症していきます。

 

特徴的な症状は以下です。

 

  • 咳や痰
  • 呼吸をするときに「ヒューヒュー」/「ゼーゼー」という音がする喘鳴
  • 症状がひどくなると、気管支の内側が狭まり呼吸が困難になる「発作」が起こる
  • 喘息の発作は夜間や明け方に起こることが多く、昼間になると自然に治まる傾向

※発作は、重症化すると死に至ることもあり、処方された薬で発作が治まらない場合は、直ちに病医院を受診する必要があります。

 

発作の程度と症状
 

1、喘鳴・息苦しい
横になれる
会話は普通にできる
急ぐと苦しいが歩ける

 

2、小発作
苦しいが横になれる
会話はほぼ普通にできる
急ぐと苦しいが歩ける

 

3、中発作
苦しくて横になれない
会話はやや困難
かろうじて歩ける

 

4、大発作
苦しくて横になれない
会話困難
歩行不能

 

5、重篤な発作
呼吸困難
チアノーゼ

スポンサードリンク