気管支喘息 小児

スポンサードリンク

小児の気管支喘息の原因は9割は「アトピー型」

気管支喘息 小児

 

 

喘息は、「空気の通り道である気管支が急激に収縮し、呼吸困難の発作を繰り返す病気」です。
気管支喘息(小児喘息)といえど、気管支に激しい収縮が起こり喘息発作を繰り返します。
乳幼児の場合、症状を言葉で伝えることができず、泣いたりぐずったりすることで喘息発作を訴えることがあります。
親は軽い咳と思っていても、実は喘息が隠れていることがあるので注意が必要です。
また小児喘息の場合、乳児→幼児→学童期等様々な成長発育の段階にあることから診察や治療を行う上で大人とは異なった対 処法が必要になります。

小児の気管支喘息の約9割は「アレルギーの原因物質」

小児の気管支喘息の約9割がアレルギーの原因物質が特定できる「アトピー型」とされます。
具体的に言えば、主にダニとその死骸やフンなど「ハウスダスト」が原因となっていることが分かっています。
また発症には大きく個人差があり、約7割は大人になるまでに良くなると言われています。

 

ハウスダスト・ダニ・花粉といった生活環境の中の物質がアレルギーを起こす原因だと判明すれば、それを子供のまわりから除去する事が大切です。
最もアレルギーを引き起こしやすいダニの繁殖を防ぐために、室内や寝具などを常に清潔にし、こまめに換気することも忘れずに。
食べ物でアレルギーがあるような場合、アレルゲンとなるものを口にしないよう、献立を工夫する必要が家庭や学校にあります。

 

大人の喘息と違う点

大人の喘息は、風邪やタバコの煙による刺激で引き起こされるのが特徴です。
小児喘息は成人になるまでに自然に症状が落ち着きますが、大人になってから発症すると完治は難しいです。

 

遺伝するのか?

遺伝的な要因はあります。
両親がアレルギーで小児喘息に罹る確率は50パーセントです。
どちらか片方の親がアレルギーの場合には、30パーセントの確率の確率でアレルギー体質を引き継ぎます。
ですが、両親がアレルギー持ちだからと言って、必ずしもアレルギー性の喘息になってしまうという訳ではありません。

 

どんな症状?

小児喘息の発作では、呼吸をするときに「ゼーゼー、ヒューヒュー」と聞こえる苦しそうな症状を繰り返します。
また喘鳴は、昼間より夜間や明け方に多く起こることも特徴的です。
昼間は夜間や明け方に比べて比較的軽い場合があるので、見逃さないように気を付けましょう。

 

乳児や幼児においては、喘息発作を起こしても喘鳴がはっきりしないこともあります。
明らかな「ゼーゼー、ヒューヒュー」が聞きとれなくても、息苦しさを訴えているかどうかを周囲が読み取ってあげることが大切です。
少しでもおかしいなと異常を感じるようであれば、医者にかかり正しい診断を仰ぐようにしてください。
放置して慢性的なものにしないでください。

スポンサードリンク