慢性気管支喘息

スポンサードリンク

慢性気管支喘息は日々の気道の炎症治療が重要な訳

慢性性気管支喘息

 

 

 

慢性気管支喘息は、空気の通り道である気管支が何らかの原因で炎症を起こし、

  • 過敏に反応し腫れたり痰が出たりして狭くなる
  • 発作的に呼吸が苦しくなる
  • 同時に、咳(せき)が続く

慢性疾患です。

 

慢性気管支喘息といっても常にこれらの症状があるわけではなく、アレルゲンの吸入、運動、ウイルスや細菌の感染、ストレス等が発作を引き起こし発症します。
時間帯、体調やストレスなどで発作が強くなる場合もあり、生活環境や習慣を改善することが慢性気管支喘息の改善につながります。

 

慢性気管支喘息はなぜ起こる?

多くは発作が起きた時だけ薬を使い、毎日の気道の炎症治療を怠ることにあります。
慢性気管支喘息が一時的になくなったと感じ、薬などを飲まなくなった結果、気道がますます敏感になり、発作をくり返すという悪循環におちいります。
その結果、気道壁が厚く硬くなります。
これを「気道のリモデリング」といいます。
気道のリモデリングは、喘息の難治化につながります。

 

慢性気管支喘息は生活習慣病と同様に、慢性疾患のひとつ

慢性気管支喘息は原因が慢性的な炎症にあることから、生活習慣病と同様、慢性疾患のひとつとされています。
治療法も、以前は発作が起きたときのみに緩和する対症療法が中心でした。
ですが現在の治療では、気道の炎症を改善し、発作を予防する(予防的治療)方向へと大きく転換しています。
それだけに、薬による治療に加えて、生活習慣の改善も重視されています。

 

抗炎症治療薬は吸入ステロイド薬が基本

この悪循環をたちきるためには、気道の炎症をきちんと治療することが大切です。
抗炎症治療は発作の時だけでなく、症状はでなくとも一定の期間、毎日続けなければなりません。

 

長期にはなりますが、適切な治療を行い、気道の状態を安定に保つことで健康な人と変わらない生活が送ることができます。
ですので症状が落ち着いても継続して定期的に通院し、喘息をコントロールしましょう。
喘息における抗炎症治療薬は、吸入ステロイド薬が基本です。

 

吸入ステロイド薬ですが、吸入器を使い、患部(炎症が起こっている気道)に直接浸透させるタイプの薬です。
ステロイド薬と聞くと「副作用が怖い」と感じる人もあるかもしれませんが、飲み薬とは違って患部にだけ作用するので、長期の使用にも適しています
大人の場合、慢性気管支喘息の完治は難しく、軽症や中等症の人でも、生命にかかわる激しい発作を起こすこともあるので油断できません

スポンサードリンク