気管支喘息 検査

スポンサードリンク

気管支喘息と思ったら。病院で検査を受ける前にセルフチェック!

気管支喘息とは、慢性的に空気の通り道(気道)に炎症を起こし、肺への空気の吸入・呼出が困難になる病気です。
慢性的に気道に炎症が起きると、次のような症状がでます。

 

  • 喘鳴(ゼーゼーと胸の音が聞こえる)
  • 息苦しさ

 

咳・痰などの症状は風邪や気管支炎と似ていますが、気管支喘息の診断はどのような検査をするのでしょうか。
気管支喘息の検査にはいくつか種類があり、症状や年齢、目的により、ひとつまたは複数の検査を行います。

 

呼吸機能検査(スパイロメトリー)

スパイロメーターと呼ばれる機械を使い、呼吸機能を調べる喘息の基本的な検査です。
これにより「肺の機能」を検査します。
レントゲンでもいいんじゃないの?と思われる方もいるでしょうが、レントゲンでは「見た目」はわかっても「呼吸機能」は調べることはできません。

 

どんな検査?

まず鼻から空気が漏れないようにノーズクリップで止めて、息を思いきり吸い込み、次に力いっぱい吐きます。
この時、息を思いっきり吸ったときの「肺活量(努力性肺活量)」、「吐き始めてから吐き終わるまでの時間」、「吐くスピード」を、機械が測定します。

 

最初の1秒間で吐き出した空気の量を1秒量(FEV1)といい、この値が喘息の重症度の基準となります。
喘息の方の場合、肺活量や1秒量は正常値より低くなることが多いです。

 

 

気管支喘息,検査2

 

気道過敏性試験

気道を収縮させる作用のあるアセチルコリンやヒスタミンなどを使用し、どのくらいの濃度で発作がおこるかにより、「気道の過敏の程度」を測定するものです。
重症な人ほど気道過敏性が高く、治療すると低くなります。

 

血液検査

どのアレルゲンに反応するかを調べる検査です。
「RAST法」と「MAST法」があり、どちらも採血した血液とアレルゲンを反応させて、アレルゲンに対する抗体(特異的IgE抗体)が検出されるかどうかを調べます。

 

皮膚反応テスト

血液検査と同様に、アレルギー反応を起こすアレルゲンを確認する検査です。

 

胸部レントゲン検査

肺の病気を正確に診断するために行う検査です。

 

その他の検査

心電図検査や心エコー検査、胸部CT検査、気管支鏡検査などがあります。

 

もしかして気管支喘息!?

「咳が出始めてから、何日くらい経つか」が一つの基準です。
風邪やインフルエンザなどの感染症が原因で咳が出る場合、発熱や喉の痛みなどの症状とともに、咳は1週間〜2週間以内に治まることがほとんどです。
2週間以上続くとなると風邪による咳の可能性は低くなります。

 

セルフチェック

気管支喘息,検査

 

いかがですか?
このうち1つでも当てはまるようであれば、気管支喘息をはじめとした呼吸器系の病気の疑いがあります。
呼吸器系は「耳鼻科」ではなく、「呼吸器の専門医」を受診しましょう。

スポンサードリンク