気管支炎, 管支喘息

スポンサードリンク

気管支炎と気管支喘息、症状は似ているが原因に違いアリ

気管支炎,気管支喘息

 

 

「気管支炎」と「気管支喘息」。
どちらも炎症で空気の通りが悪くなり呼吸のしにくさや、咳、痰などの症状があげられます。
今回はこの気管支炎と気管支喘息の違いについてみていきたいと思います。

 

気管支炎とは??

 

気管支炎はウイルスや細菌などが原因で気管支に炎症がおこります。
例えば風邪などのウイルスに感染して気管支炎をおこすのですが、喘鳴と同様の症状がでるのでこの名前が付けられています。
咳や痰、喘鳴など症状が気管支喘息と似てはいますが、急性気管支炎です。
気管支炎の感染初期は、一般的風邪の症状と大きく変わりはありません。
感染ウイルスや細菌が引き起こす炎症が原因となって発熱し、咳や鼻水、痰が多くなります。

 

気管支炎の原因

気管支炎を発症すると、咳、痰、発熱を引き起こしますが、原因となるウイルスには、RSウイルス、アデノウイルスやインフルエンザウイルスなどがあります。
その他の原因となる細菌としては、「インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別物)」、「肺炎球菌」、「百日咳菌」などがあり、さらに辛い空咳が長く続く「マイコプラズマ」によって起こる場合もあります。

 

特に慢性に咳や痰が続く場合には、上に述べたような様々な病気の可能性を疑い、必要に応じて検査を行う必要があります。
診断には、胸部単純レントゲン撮影、血液検査、喀痰の塗抹・培養検査などで、必要であれば呼吸機能検査やCT検査などを実施します。
さらに、気管支鏡検査などの専門的な検査を行うこともあります。

 

気管支喘息とは??

一方、気管支喘息は「ダニやハウスダストなどのアレルギー」・「気温の変化」・「花粉」・「ストレス」など様々な原因が考えられます。
喘息症状を引き起こす元の原因やメカニズムは単一ではないので、現在では“喘息は症候群である”と考えられています。

 

気管支喘息の診断

気管支喘息の診断は、「疑わしい症状・徴候」と「除外診断」から判断します。
例えば、気管支喘息による症状は特に夜間や明け方に起きやすいという特徴があり、症状が無症状の時期を挟んで繰り返すことも特徴的といえます。
加えて、症状が様々な誘因(埃を吸い込む、風邪をひく、痛み止めを服用する、運動する、お酒を飲む、気候の変化、大笑いや大泣きするなど)が切っ掛けに引き起こされたり悪化することも、気管支喘息と診断する手掛かりになります。

 

上記のような典型的な症状が認められ、かつ症状が他の病気によるものではないことが明らかになれば、臨床的に気管支喘息と診断されます。
鑑別のためには、呼吸機能検査や胸部レントゲン撮影、心電図、採血検査などの検査を必要に応じて行う必要があります。

スポンサードリンク