気管支喘息 好酸球

スポンサードリンク

好酸球=アレルギーの細胞、気管支喘息は別名「慢性剥離性好酸球性気管支炎」

気管支喘息 好酸球

 

 

 

気管支喘息(喘息)は空気の通り道(気道)に炎症が続き、色んな刺激に気道が敏感になって発作的に気道が狭くなることを繰り返す病気です。
日本では子供の8〜14%、大人では9〜10%の割合で患者数がいると言われています。

 

気管支喘息は子供の病気だとお思いの方もいらっしゃいますが、高年齢で発症する方もおられます。

 

子供の場合は、チリダニやハウスダスト、ペットのフケ、カビなどのアレルギーによることが多いのですが、大人の場合は違います。
過労やストレスが原因になる事も多く、「非アレルギー型」とも呼ばれています。

 

気管支喘息とは?

気管支喘息は別名「慢性剥離性(はくりせい)好酸球性気管支炎」といいます。
「好酸球」は簡単に説明すればアレルギーの細胞のことです。

 

別名「慢性剥離性(はくりせい)好酸球性気管支炎」の意味ですが、「慢性的にアレルギーによって気管支が剥がれて炎症が起こっている」ということです。

 

正常な気管支であれば、気管支が収縮することもなく又、気管支の上皮も剥がれていません。
ですが、気管支喘息が起こると気管支が収縮し、その時に気管支の上皮が剥がれます。
もっと喘息発作が苦しくなると、気管支はさらに強く収縮し、上皮もたくさん剥がれます。

 

気管支の診断は、症状・「呼気一酸化窒素(NO)の上昇」「喀痰好酸球の増加」、「気道収縮の証明」で行います。

 

【新薬】ベンラリズマブ(ファセンラ)|好酸球を直接除去する気管支喘息治療薬

2018年2月の記事ですが、こんな記事が出ています。

 

好酸球を直接除去する気管支喘息治療薬

 

この記事を一部抜粋しますと、

ベンラリズマブはIL-5受容体αサブユニットに特異的かつ高親和性で結合することでIL-5の作用を抑制する抗IL-5受容体αモノクローナル抗体である。またベンラリズマブは、糖鎖からフコースを除去する技術により、ナチュラルキラー細胞を誘導して好酸球を直接的に除去する抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性を併せ持つ。そのため血中、喀痰、気道中の好酸球を直接除去することが示されている

 

承認時までの国内および海外の安全性評価対象試験では、13.4%に副作用が認められていることに十分注意する必要がある。主なものは注射部位反応(2.1%)、頭痛(2.0%)などであり、重大なものとして重篤な過敏症のアナフィラキシー(蕁麻疹、血管浮腫、喉頭浮腫、アナフィラキシー反応など)が報告されている。

 

ここ30年で気管支喘息の治療は随分と進化を遂げています。
今からももっと良い薬が出ることも考えられますので、気管支喘息は完治できないものと諦めないことが大切です。

スポンサードリンク