気管支喘息 薬

スポンサードリンク

気管支喘息は発作をおこさないようにするための「長期管理薬」が重要

気管支喘息(喘息)の元は気道の炎症です。
喘息の人の気道は、(気管支喘息の)症状がない時でも慢性的に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭く空気が通りにくくなっています。
また炎症がおこっている気道は大変過敏になっていて、正常な人の気道ならなんともないホコリ・タバコの煙・ストレス等のわずかな刺激で発作がおきてしまいます。

 

気管支喘息の症状について

  • 繰り返し起こる咳
  • 発作性の呼吸困難
  • 胸苦しさ
  • 喘鳴(息を吐くときに”ゼーゼー”、”ヒューヒュー”という音がする)
  • 痰が出る

 

このような症状が特徴的です。
特に昼間より夜間や早朝に症状が出現します。
季節の影響も受けやすく、朝晩の気温差が大きい季節は注意が必要です。

 

気管支喘息の治療薬

気管支喘息 薬

 

 

 

気管支喘息の治療薬は、@発作を抑えるために短期的に使用する発作治療薬と、A長期管理薬とに分けられます。

 

@発作時には、

  • 気管支拡張剤である短時間作用性β2刺激薬の吸入
  • アミノフィリン製剤の点滴
  • テロイド薬の点滴

が使われます(作治療薬)。

 

ですが、最も重要なのは発作をおこさないようにするためのA長期管理薬です。

 

A長期管理薬としては
軽症から重症に至る気管支喘息に一般に使用されているのが、強力な抗炎症作用をもつ「吸入ステロイド薬」です。
今では喘息治療の第一選択薬であり、最も効果的で、経口ステロイド薬に比べて全身的な副作用が少ないのが特徴です。
また重症喘息の場合、経口ステロイド薬が使用されることがあります。

 

 

気管支喘息 薬2

 

 

その他の長期管理薬として、

  • 気管支拡張作用のある吸入薬、
  • 貼付薬、経口薬などの長時間作用性β2刺激薬、
  • テオフィリン徐放製剤、
  • ロイコトリエン受容体拮抗薬や
  • その他の抗アレルギー薬、
  • 吸入抗コリン薬、
  • 抗IgE抗体、
  • 抗IL-5抗体

 

などがあります。
吸入ステロイド薬だけで十分な効果がない場合、他の長期管理薬を1剤、あるいは複数で併用します。
最近では、吸入ステロイド薬と吸入長時間作用性β2刺激薬との配合剤も使用されています。

 

一番の治療法

喘息発作をそもそも起こさないように普段から予防するのが大切です。
具体的には症状が安定している時でも喘息治療を継続させることです。
そして気管支喘息の治療の目標は、症状・増悪がなく、運動を含め、健常人と変わらない日常生活が送れる状態に持ち込むことです。

 

気管支喘息の診断
気管支喘息の診断は、疑わしい症状・徴候と除外診断から判断します。
発作性の呼吸困難や喘鳴は、喘息以外の様々な肺や心臓の病気で起きることがありますが、喘息による症状は特に夜間や明け方に起きやすいという特徴があり、症状が無症状の時期を挟んで繰り返すことも特徴的です。
さらに症状が様々な誘因(埃を吸い込む、風邪をひく、痛み止めを服用する、運動する、お酒を飲む、気候の変化、大笑いや大泣きするなど)により引き起こされたり悪化することも、喘息を疑わせる有力な根拠となります。
上記のような典型的な症状が認められ、かつ症状が他の病気によるものではないことが明らかになれば、臨床的に喘息と診断されます。

スポンサードリンク