こめかみ 筋肉痛

スポンサードリンク

こめかみの筋肉痛は顎関節症のサイン??

こめかみ周辺が筋肉痛のような痛みを持ったことはありませんか??

 

 

こめかみ部分には側頭筋という顎を動かす筋肉のがあります。
側頭筋や顎の筋肉を使いすぎてしまうと筋肉痛のような症状やこめかみに張りが出てきます。

 

 

近年の日本は食生活も豊かになりバラエティにとんだ世界各国の食事がとれ、
柔らかいものを噛む事が多くなってきて、顎の噛む力が弱くなってきていると言われていますが、実は噛み過ぎも顎にかかる負担が増えこめかみや側頭筋の筋肉痛を引き起こします。

 

顎を鍛えるのは必ずしも体に良いは限らないのです。

 

 

一つ例をあげると
私の上司が以前、顎を鍛えるため仕事中にずっとガムを噛んでいました。
一日平均8時間ほど毎日ガムをかみ続けた結果、彼のこめかみの筋肉痛は徐々に酷くなっていき、最終的に「顎関節症」と診断されました。

 

 

顎関節症とは近年患者数が10倍近く増え、若年層から高齢者まで幅広く患者数がいる疾患です。
医学的原因は判明していませんが、20代、30代の女性の患者数が増えています。

 

 

一般的に顎に強い負担をかける事が顎関節症の発症の原因となります。

 

 

 

ガムをかみ続ける長時間の顎の運動のほかに気をつけたいのは、物を強く噛む事です。

 

 

強く噛む事によって歯の表面のエナメル質を削ってしまい、
噛み合せに異常が生じる為、知覚過敏になり虫歯にもなりやすくなります。

 

 

 

顎への負担も増えるため、こめかみの筋肉痛を起こしやすくなり、
筋肉痛が酷くなると痛みが生じ慢性的な頭痛を引き起こします。

 

 

こめかみや側頭筋が筋肉痛になってしまったらこめかみ周辺をマッサージしましょう。
側頭筋をマッサージすることでこりや筋肉痛をほぐすとだいぶ楽になります。

 

 

一日数回こりをほぐすことでこめかみの筋肉痛は解消しますが、
出来るだけ負担を掛け過ぎないような生活を送るように心がけることが一番です。

 

 

 

スポンサードリンク