眼鏡 こめかみ

スポンサードリンク

眼鏡がこめかみ頭痛の原因に?知らなかった原因不明の頭痛の正体とは?

「度数の合っていない眼鏡やコンタクトを使用していると、こめかみ周辺の頭痛や気分が悪くなる」

 

というのは多くの方が経験しているのではないかと思います。

 

 

以前私も眼鏡を使用していて、定期的に頭痛に悩まされていた時があります。

 

 

 

眼鏡,こめかみ眼鏡

 

 

 

こめかみ周辺に起こる頭痛の種類は基本的に3種類あり,
それぞれ、緊張型頭痛、偏頭痛、それに群発頭痛となります。

 

 

上記の頭痛はこちらで詳しく解説しているのでそちらをご参照ください。

 

 

 

 

本来の頭痛が起きる原因と違いイレギュラーな感じで起こるのが、
この眼鏡やコンタクトレンズが原因とされる頭痛です。

 

 

日本はおよそ6000万人の人が眼鏡・コンタクトレンズを使用しているというデータがあります。
その中の何%の人がしっかりと自分の度にあった視力矯正が出来ているのでしょうか??

 

 

私の知人に長年原因不明の頭痛でなやまされていた教師がいます。
彼は長年、頭痛とこめかみの痛み、そして肩こりに悩まされていました。

 

酷い時は体がズーンと重くなり、仕事にも支障が出るようになったそうです。
体調不良が続くようになり、脳のCTをとったり他の検査等も行ってみたものの、原因はわからずじまい。

 

 

ところが、眼鏡を紛失し、使用を暫くやめてみたところから急にこめかみの頭痛や締め付けがなくなったと言ってました。

 

 

後々話しを聞いてみると彼の長年使ってきた眼鏡の度が
あっていなかった事が原因との事。

 

慢性的に頭痛で悩まされている方で、検査を受けても原因が
わからないような場合は眼鏡やコンタクトがあなたの体調不良を
招いている可能性が非常に高いです。

 

度数が合っているというのは眼鏡を使用する上で一番のポイントになります。
また、多くの方が見落としがちなのは眼鏡のサイズです。

 

眼鏡のサイズが小さいとこめかみ部分を圧迫して血液の循環が悪くなります。
圧迫が長時間続くと、こめかみ周辺の頭痛や肩こりの原因となります。

 

 

近年では度数の合わない眼鏡に限らず、目と頭痛の関係を指摘するドクターが増えています。

 

 

その理由は「視神経」にあります。
人間の視神経には神経線維が大体1000万本あり、脳の送られる情報の90%が視覚情報といわれています。
その為、視覚から入ってくる情報が多すぎたり、適切に処理できなくなってくると脳に負担が増え、頭痛やこめかみの奥の痛み、眼精疲労の原因となります。

 

 

 

通常の「眼疲労」疲れ目はパソコン等のデジタル機器の使用を控えたり、
睡眠等で回復します。

 

しかし「眼精疲労」は休息を取っても回復しません。

 

眼精疲労の原因は大きく分けて4つあります。

 

@パソコンやデジタル機器の長時間の使用

 

A不適切は眼鏡やコンタクトレンズの使用

 

B精神的な負担やストレス等

 

C目の病気
ドライアイや緑内障・白内障等

 

眼精疲労は厄介な事に何らかの治療や環境の変化がなければ自然には治りません。
不快な症状がいつまでも続き、更にはその症状が他の症状を引き起こし悪化することもよくあります。
ただの「疲れ目」と侮らず、一度しっかりと診察を受けましょう。

 

 

スポンサードリンク