肩こり こめかみ

スポンサードリンク

肩こり解消で辛いこめかみ頭痛とサヨウナラしよう

肩こりとこめかみの頭痛、実は深い関係性があることをご存知ですか?

 

 

こめかみの頭痛の中でも最も多いタイプの頭痛で「緊張型頭痛」「肩こり頭痛」「こめかみ頭痛」と言われるように、
肩や首の筋肉の緊張によって血流が悪くなることから起こります。

 

主な原因として、

 

・長時間での同じ姿勢
・無理な体勢から来る筋肉の負担
・目の疲労
・日常生活の精神的ストレス

 

が挙げられます。
上記の原因4つのうち2つが、体の無理な体勢から来るこりや筋肉の負担がこめかみ頭痛を引き起こす原因に挙がっています。

 

 

緊張型頭痛を予防するのには首や肩のこりを解消すれば頭痛の解消にも繋がるわけです。

 

 

今や現代病の一つと言われる首や肩のこりの原因を考えてみましょう。

 

現在肩こりや首のこりの原因は5つあります。

 

 

@姿勢

 

姿勢が悪いと筋肉の疲労を招きやすくなり肩こり・こめかみ頭痛の原因になります。
猫背、長時間同じ姿勢、座り方などが挙げられます。

 

Aストレス

 

肉体的ストレスはもちろんですが、精神的ストレスも肩こりの原因になります。
人間の体はストレスを受けると筋肉が緊張してしまいます。
その為、首や肩の筋肉内の血流が悪くなり、肩こりが起こります。

 

B目の疲れ

 

パソコン作業など長時間目を酷使してしまうと肩こりが起こります。
元々目の神経と体の筋肉は関係していて、目の疲労から頭・肩・首の筋肉の緊張を引き起こします。

 

同じ目の疲労に、度数の合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用もあてはまります。

 

C歯の噛み合せ

 

噛み合せが悪いと顎関節症を引き起こすリスクお高くなります。
噛み合せにズレが起こると、顎周りの筋肉バランスが崩れ、修正する為に無理な負荷を筋肉に掛けることになります。

 

D運動不足

 

運動不足とストレスは今や体の不調の全てにかかわってきています。

 

運動不足の方は、筋肉が段々と硬くなり血管を圧迫していくようになります。
血液の流れが悪くなると、十分な栄養や酸素が筋肉に届きにくくなり、肩こりやこめかみ頭痛の原因となってしまいます。

 

 

 

 

首や肩こり、こめかみ頭痛の5つの原因を上げてみましたが、原因がわかると肩こりや頭痛の改善方法が見えてきます。
病院への通院や鎮痛剤に頼らなくても簡単にできる解消方法を解説します。

 

 

@温める

 

蒸しタオルなどで首や肩のこりの酷い部分、又はこめかみ周辺の頭痛が起こっている部分を温めましょう。

 

A入浴

 

暑くない程度のぬるま湯にゆっくりつかりましょう。
体温が上がり、血行がよくなるので自然とこりや頭痛が和らぎます。

 

B運動

 

運動することにより体の張りやストレスの発散にも繋がります。
激しい運動は逆に悪影響を与えてしまうので控えましょう。

 

C目の疲労回復

 

蒸しタオルなどで目の周りを温めましょう。
血行がよくなることで目の疲労回復・首や肩こりを解消してくれます。
アロマ効果のあるアイピローを使用するとリラックス効果もあり、ストレスの軽減にも繋がります。

 

 

肩こり,こめかみこめかみ 肩こり

 

 

 

日常のちょっとした事を意識するだけで、辛い肩こり・頭痛を大分軽減することができます。
しかし、上記の方法を試しても頭痛が続くようでしたら別の原因があるかもしれないので病院で診察を受けるようにしてください。

 

 

 

スポンサードリンク