目 内出血

スポンサードリンク

加齢とともになりやすくなる「結膜下出血」は白目の内出血が特徴。目の充血・出血・内出血の違い

内出血 目1

 

 

目の内出血・充血する原因は様々です。たいていはしばらくたつと自然に治ってしまうものばかりですが、中には深刻な病気が考えられる場合もあります。
大切な器官です。気になる症状がある場合は早めの眼科受診をおすすめします。

 

目の出血・充血・内出血の違いについて

内出血 目2

 

充血

目の充血は、白目部分の血管が拡張することによって、白目部分に赤色の線がすじのようにたくさん見えているという状態です。

内出血

目の内出血は、血管が破れることによって出血した 血液のせいで、白目部分が真っ赤になった状態です。「結膜下出血」が当てはまります。

出血

物理的なものによる事故・または病気の可能性があります。当然すぐにでも病院に行きましょう。

 

白目の血はほとんどが「結膜下出血」によるもの!?

白目部分に血が見える場合の原因は多くは「結膜下出血」です。
「痛み」・「視力低下」等がなければ、白目を覆っている眼球結膜の細い血管が切れて出血する「結膜下出血」と判断します。簡単に言えば結膜下にある小さな血管が破れ、出血している状態。「白目の内出血」というとわかりやすいかも知れません。

 

ほとんどの場合、出血は1週間ほどで消えるので心配はいりません。
またこのような目の内出血は痛みを伴いません。ただし、 一部の原因の場合には眼科や内科に受診が必要なパターンもあります。

 

原因は何?

出血の原因はよくわかっていないませんが、加齢によって血管が弱り、目に入ったごみやまつげなどによるという、ちょっとした刺激で切れてしまうというものです。
歳と共に眼球結膜がたるみ結膜弛緩(しかん)症も増えます。それにより、血管が曲がり出血しやすくなると考えられています。
血圧が高い人も結膜下出血を起こしやすく、重い物を持ち上げたり息んだりした拍子に出血するというケースもあります。
また脳梗塞の既往症があり、血液を固まりにくくする薬を服用する人なども、出血しやすいといわれます。
50歳代くらいからなりやすくなるようです。加齢のサインと思いましょう。

 

その他の白目の出血の原因は??
  1. 体調の変化・疲労
  2. 圧力・しめつけ
  3. 物理的な外傷、
  4. 病気によるもの

の四つに分けられます。特にBなどは緊急性が高いものです。どんなケースが考えられるのでしょうか?

 

物理的な出血や内出血は直ぐにでも病院へ!

転倒・ボールが当たった・殴られた、等があげられます。物理的なものによるものであれば緊急性が高いと思われます。直ぐに病院で受診をしましょう。

スポンサードリンク