埋没 内出血

スポンサードリンク

最近はやりのプチ整形といえば「埋没法」が大変人気です。ですが術後の腫れや内出血は誰もがきになるところです。

内出血 埋没

 

 

最近では誰もが簡単にできる二重瞼のの手術。二重瞼の整形の施術後、内出血や腫れの症状には個人差があると考えられます。一般的ですが、瞼の内出血は早ければ1週間、長くても数週間程度で治まるものがほとんどです。
大半の方が「整形」だとバレることに躊躇されると思いますが、バレない方法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

二重瞼は埋没法で簡単に手に入る!

 

二重手術には、

  1. メスを使用して切開を行う切開法
  2. 糸をまぶたに埋め込む埋没法

の二つ方法があります。特に切開の必要がない埋没法が手軽さや安心感から、近年では若い方にも人気です。

 

埋没法

埋没法とは、簡単に言うとメスを使わず(切らず)に医療用の針と糸を使い人工的に二重をつくる施術のことを言います。使用される糸は髪の毛よりも細い医療用で、瞼の内側からとめるという、今人気のプチ整形術です。

 

二重瞼の整形後、腫れや内出血の期間は医師の腕次第

二重瞼の整形の施術により起こる腫れや内出血の症状には個人差があり、その期間を断定することは難しくあります。
また、施術方法によっても腫れや内出血の程度は変わってきます。

 

埋没法で、一点止めではなく、二点止めや三点止めを行った場合、さらに腫れや内出血はできやすくなります。施術の際の糸の縛り方がきつすぎたりしても腫れやすくなるといわれます。
ですが通常であれば、腫れや内出血は1ヵ月程度で完全に治まります。

 

埋没法のによる施術の場合、早ければ1週間で70%〜90%腫れや内出血がなくなることもあるようです。
ですが1ヵ月経過しても症状が治まらない・違和感があるなどした場合はさらにアフターケアや別の施術が必要になるケースもあるようです

 

このようなトラブルを避けるためには、信頼できる医師の元での施術が一番です。アフターケアーに関しても充実しているクリニック等を選ぶようにしましょう。

 

ばれないための術後のケア

 

内出血をおさえる

術直後は内出血の予防には「アイシング」、冷やすことが効果的です。
内出血が少なけいと目立ちにくいだけでなく、腫れも軽減され人にはバレにくくなります。
痛みの軽減にも効果がありますので、アイスノンなどで2〜3日は冷やしてみましょう。やりすぎると逆に循環が悪くなり、むくみが取れにくくなりますので数日で大丈夫です

 

血流をよくしない

血圧が上がる・血流が良くなると、腫れや内出血がでやすくなります。湯船につかる・サウナ・お酒・運動などは1〜2週間ほどは控えましょう
また横になって顔に血流が増えるとむくみやすくなります。朝方はとくに瞼がむくみやすい状態です。就寝の際などは頭をなるべく高い位置にするように意識しましょう。

スポンサードリンク