目の下 内出血

スポンサードリンク

目の下の脂肪取り手術が40代以降の女性に人気と聞きますが、術後の内出血はつきもののようですが…

naishukketsu1

 

 

テレビや雑誌で話題のプチ整形。芸能人やモデルのカミングアウト等からも美容整形が随分と敷居の低いものになったと思います。昔に比べ料金も低料金化され、手術も短時間・痛みの少ないものへと随分と進化も遂げています。

 

美容整形で一番多いものはやはり「目」に関するもののようです。二重瞼の手術や目の下(下瞼)の脂肪を除去する手術があげられます。
ですが、いくら手術がシンプルになったといっても多少の痛みや術後の腫れや内出血はつきもののようです。
今回は特に目の下(下瞼)の脂肪除去術について取り上げてみました。

 

目の下の脂肪取りが主婦などに人気な訳

 

ずばり「若返り」です。加齢によって隠しきれなくなった「目袋」を除去することで顔の印象は若返ります。
若い時にはなかった「目袋」と呼ばれる目の下の膨らみは、年齢と共にたるんで下がってきます。この目袋のせいで、「疲れているように見られる」・「実年齢よりもはるかに老け込んで見られる」等、女性にとっては一番、言われたくない言葉ではないでしょうか。

 

目の下の脂肪取りの手術

メスを使わずにまぶたの裏側から脂肪を取り除きます。施術時間は30分程度。膨らみの原因である脂肪を取り除き、すっきりさせることで若々しい美しい表情を取り戻すことを目的とします。

目の下の脂肪取りのリスク

「二重瞼(まぶた)切開法」、全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、垂れ目形成、上まぶたたるみ取り、上眼瞼リフト、目の下のたるみ取り、蒙古襞形成、切開する場合の逆さまつ毛修正手術などのメスを使う目もとの手術のリスクにおいて最も頻度の高いのは、術後の内出血です。

 

これらの手術では、軽度の二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じると思ってください
内出血の期間は、程度の軽い内出血であれば1週間程でほとんどが消えるでしょう。強い内出血の場合は、消えるまで2週間程度かかることがあります

 

内出血をなるべく起こさせない方法

なんといっても信頼できる病院やクリニックを探すことではないでしょうか。その他にできることは、

  • 手術中にリラックスして目に力を入れない
  • 術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間浸からない
  • 激しい運動はしない
  • お酒を飲みすぎない

など、血流が良くなるような行為は避けた方ベターです。手術後直ぐの内出血はまずは「アイシング」で患部を冷やすことです。2.3日経過したあたりからは逆に、温めた方が血の吸収を促進させるため
内出血の治りが早くなると言われています。

スポンサードリンク