内出血斑

スポンサードリンク

日常生活で誰もが経験する【あざ・内出血斑】。大半は衝撃などによってできますが中には危険な病気の可能性も。

内出血 内出血斑

 

 

何かものにぶつかったかな?思い当たる節がないのに、いつのまにか内出血し青あざができている…。また、いつの間にかできた内出血斑が大きくなっているような気がする…。

 

内出血斑ができるのはものにぶつかるなど衝撃によって起こるものがほとんどですが、それ以外には大変深刻な病気が考えられます。
たかが内出血・内出血斑と思っていませんか?実は恐ろしい病気の可能性もあるのです。

 

内出血とは?

 

内出血(ないしゅっけつ)とは「体内の血管が破裂する等して皮下で出血する現象のこと」です。皮膚の内出血が見えて内出血斑(青あざ)などになります。他には頭にできる「たんこぶ」も実は内出血の1つです。
内出血の主な症状は「痛み」・「炎症」・「腫れ」などで、一般的には安静にしていると自然治癒します。ですが、痛みや腫れが強い場合は骨折している可能性もあるので注意が必要です。

 

皮膚の内出血は一般的にはあざ・内出血斑などの呼び名がありますが、どこかで衝撃を受けた際に内出血として発生して、皮膚の内側が青くなったり、赤黒くなったりします(あざ・内出血斑)。このような内出血は、ほとんどの人が経験していると思います。

 

どのような病気が考えられるのか?

 

いつのまにかあざ・内出血斑ができてしまっている・ちょっとした衝撃ですぐにあざできる、このような時は「紫斑病」・「血友病」・「白血病」などの内因性の病気が潜んでいる可能性があります。

 

特にぶつけた覚えがないのに内出血が繰り返し起こるような場合には、皮膚科や内科などを受診し、検査を受けるようにしましょう。

 

また高齢者は血管の弾力性や強度が低下している人の割合が多いので、内出血が起こりやすくなる傾向があります。内出血斑もできやすいでしょう。内出血ができやすいな?と思った時に、外的要因が思いつかない場合は注意が必要です。外的要因より危険なのは内的要因が原因となるものです

 

衝撃以外に内出血斑ができる理由

 

衝撃や病気以外で内出血斑ができやすい状態があります。

  • 体の冷え
  • ビタミン不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 体の冷え

「体の冷え」は、血管が弱くなる原因に。当然、血液の循環も悪くなるので、体調に色々な悪影響が現れます。肌の表面は温かいけど内側が冷えている場合は、青あざができやすくなります。エアコンの使い過ぎ・寝不足・ストレス等も自律神経を乱し冷えに繋がるので、特に女性は注意が必要です。

 

内出血斑に効く日常生活でできること

温める
お風呂で全身を温めたり、蒸しタオルで患部を温めることで、血流が良くなり内出血斑が早く消えると言われています。ですが、できた直後は冷やすことが基本の処置です。
ビタミンの摂取
ビタミン不足からできる内出血斑に特に有効です。鉄分やビタミンCは血管を強くする作用アリ。果物や野菜、またはサプリなどで補ってください。

スポンサードリンク