こめかみ シミ

スポンサードリンク

こめかみのシミで10歳ふけて見えるってホント・・??

色々なシミがありますが、皆さんが結構気にするのが「こめかみのシミ」ではないでしょうか。

 

 

もちろん体のシミや顔の他の部分に出来たシミも気になりますが、目の周りやこめかみのシミは目立ちます。
白くてスベスベな透き通るような肌は世の女性全ての憧れです。

 

 

こめかみ,シミこめかみ シミ

 

 

 

でも良く見てみると女性に限らず男性にも(特に年配の方)こめかみのシミは見られます。
このようなこめかみ周辺のシミを「老人性色素班」と「脂漏性角化症」といいます。

 

 

 

脂漏性角化症は40代以降の男性に多く(女性も出来ることがあります)こめかみや、髪の生え際に良く見られます。
これは老人性イボとも呼ばれ加齢などによって角質細胞が増殖して起こります。
シミが盛り上がってしまうと病院にかかるしかないので注意してケアしましょう。

 

 

 

 

老人性色素斑は加齢と共に多くの方が経験されると思うので、原因や対策を解説していきます。

 

 

シミの発生理由として大きな原因は

 

 

・紫外線の刺激でメラニン色素の生成が活発になる

 

 

・年齢からくる皮膚細胞能力の低下

 

 

 

というのが一般的な認識です。

 

 

もっとわかりやすくいうと

 

 

シミ=紫外線
シミ=加齢

 

となります。

 

 

こめかみ,シミこめかみ シミ

 

 

こめかみのシミで一番気になるところは、実年齢よりも老けて見える事じゃないでしょうか。

 

30代なのに40、又は50代に見られてしまう・・・
ショックですよね。

 

 

このこめかみのシミがもたらす第一印象への悪影響をどの様にケアしていけばいいのでしょうか。

 

 

一番は紫外線をブロックすることです。

 

 

このシミの細胞は紫外線ダメージを記憶し増殖力を増してメラニン色素を生成します。
UVケアをしっかり行いシミが出来てしまわない様にしましょう。

 

出来てしまったシミには美白成分(ハイドロキノン)の入ったシミ対策化粧品でケアしましょう。

 

 

 

ですが、こういった化粧品でシミを薄くすることが出来るのはあくまで紫外線の影響で出来たシミが対象です。

 

 

今では普段の生活習慣からもシミが発生するのがわかってきました。

 

主な原因として

 

・喫煙によるビタミンCの破壊

 

・有害物質の影響で肌へのダメージが増える

 

・ストレス

 

・睡眠不足

 

・ホルモン分泌の減少

 

が主な原因です。

 

 

この生活習慣メラニンは紫外線や加齢によるメラニン成分とは異なる為、通常のシミ・メラニン対応製品では
思うような効果が出ないことがあります。

 

 

それはシミの出来る原因が違うのでアプローチの仕方も変えていかないと効果は望めません。
いつまでもこめかみのシミがとれずに悩んでいる方は、きっとこの生活習慣メラニンへの対応が出来ていないのかも知れません。

 

 

こめかみのシミを早く治して元通りの綺麗な肌に戻すには、シミの原因をしっかりと追究し、シミへの適切なアプローチをする事が必要不可欠です。

 

 

第一印象が大きく変わるこめかみのシミ。

 

 

気になったら直ぐにケアしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク